yokohama-color について

当サロンで提供するサービスは「イメージコンサルティング」の一部です。

イメージコンサルティングは自分の魅力や個性を引き出し、戦略的に「こう見せたい」というイメージをつくっていくもの。

自分の印象を、自分で上手にコントロールする。
それはすごくおもしろそうなことだと感じています。

仕事や暮らしに役立て、楽しむ材料にして欲しい。そんな思いで活動しています。

運営者のプロフィール

安田あゆみ
パーソナルカラーアナリスト

4シーズンパーソナルカラー:Summer
16タイプ・パーソナルカラー:Muted-Summer
自分スタイル診断:ミディアム


1984年生まれ、東京出身。

大学でデザインを学んだあと、都内の一般企業に4年勤務。その後、ライティングや広報を個人で請け負うフリーランスとして10年以上活動。

コロナ禍に「色が人に与える心理効果」に興味を抱き、色彩検定1級を取得。その面白さに引き込まれ、創業31年の名門校「ラピスアカデミー」でパーソナルカラーやパーソナルスタイリングを学ぶ。特許取得の認定資格を手に、生活の中で「色を楽しむ人」を増やすために活動中。

保有資格

・ラピス認定16タイプ・パーソナルカラーアナリスト®
・ラピス認定 自分スタイル診断®アナリスト
・カラースタイルコンサルタント®
・色彩検定1級取得
・骨格診断士

骨格診断士資格認定証

色にまつわる活動を始めた理由。キャラクターは「環境」で変わる?

みなさん、こんにちは。パーソナルカラーサロン「yokohama-color」の安田です。

突然ですが、みなさんに質問です。

自分が思う自分と、まわりから見た自分の印象が「違う」と感じたことはありますか?


実は私、何度もあります。

家族、学校、習いごと、部活、アルバイト、職場。生きていると環境が変わる瞬間というものがやってきますよね。

私は環境が変わると、まわりから見た自分のキャラクターがいつも違い、そのことがとても不思議でした。

ある場所では「明るくて親しみやすい」といわれるのに、ほかでは「話しかけにくかった」といわれ、また別のところでは「不思議な人」といわれる。

「めったなことでは笑わない人」といわれたり「よく笑う人」といわれることもありました。

人からの見られ方に統一感がない。とても不思議でした。

やっていることや自分の性格は変わらないのに、どうして環境が変わると「人からの見られ方」が変わるのか

「環境によってこんなに印象が変わるなら、もしかしたら印象は、自分でつくっていけるのではないか?」

そう思ったことがこの活動の原点にあるように思います。

そしていくつかの職を経験、結婚、出産を経て、40歳近くになり「イメージコンサルティング」というものに出会います。

イメージコンサルティングは自分の印象を、自分で上手にコントロールするもので、それはすごくおもしろそうなことだと感じています。

「私には無理」と感じる心のブレーキ、とりませんか?

40歳に近づきつつある私です(心は20歳です)

この年齢になって、若い人たちがいかにキラキラしているかということに気付きました。本人たちは気付いていないけれど、私からすると後光が差してるくらいまぶしい。

次世代を担う人たちのパワーって、こんなに強烈なのかと感じます。

そんな若い光に圧倒されつつ仕事する中、ある日ふと思ったんです。

もうそろそろ、私も自由に生きたい

と。

今までも好きなことはしてきました。家族のため、会社のため、人のためにしてきたことも「自分がしたい」と思ってしてきたことです。

ただいつも、しっかりブレーキを握りしめていた気がするんですよね。

・やっても大丈夫?
・常識的に許される範囲?
・これをしたら(しなかったら)、まわりにどう思われる?
・悪目立ちしたくない
・面倒なことになるくらいなら、やめておこう


そんなふうに「好きだな」「いいな」と思ったこともすぐには踏み出さず、いつでもハンドルを握りしめ、少しでも危ないと思ったときはブレーキを踏み込む。

そんなパターンが習慣化していました。

そのおかげで悲しい・苦しい思いは、極力避けてこられた気がします。

でもその代わり、先が見えないことにドキドキしたり、想像もつかないことにワクワクしたり……。

「心臓が感情で動くこと」が少なかったんですね。

年齢を重ね、世間一般の視線を伺いながら「適切に」「やり過ぎずに」そんなバランスをとることが上手になった気がします。

そして同時に、自分の「気持ち」に目を向けることが少なくなりました。

自分は今、何を感じているのか。人に聞かれても答えられなかったり、心の中で感じていても、表に出して言葉にする機会がすごく少なくて。

今でこそ「多様性」が認められるようになって、ひとり一人の個性が大切にされるようになりましたが、少し前までは「個性を表現すること」が歓迎されていないムードを感じていました。

私は「パーソナルカラー」「パーソナルスタイリング」というその方に「似合う」を診断し、なりたい自分に近づけるサービスを提供していますが、

お客様の声を聞くと、私と同じように「悪目立ちしたくない」と思っている方が多くいることが分かります。

ただ「着てみたい」「やってみたい」という気持ちがあるならその気持ちを放置してしまうのは、もったいないように思うんです。

それに人の視線が気になって落ち着かないのは、周囲にロールモデルとなるような人がいないから、というのも理由にあるのかなと思います。

自由に、自分の気持ちのままに、楽しんでいる人がまわりにいない。

それなら、ロールモデルとなるような女性や男性が、たくさんいる社会をつくればいいのではなかろうか。

まわりにたくさんいたら、安心して自分の「好き」を表現できるかもしれない。そんな社会をつくるために、私は何ができるだろう?

そこで行き着いたのが、パーソナルカラーという「色」からのアプローチでした。

これから先の活動で「自分の好き」を呼吸するように表現する大人を、たくさん増やしていけたらいいなと思っています。